マンション管理士事務所
オフィスM2


マンション管理士事務所
オフィスM2

Solution

問題解決のために

よくあるご相談内容は・・・
 
◆ 民泊や日本国籍外の入居者(滞納、相続、マナー違反等)の対策方法を知りたい。
 
◆ 築40年以降の長期修繕計画はどうしたらよいか?
 
◆ 修繕積立金が不足しているが、値上げ以外の方法はないのか?
 
◆ マンションの終わりの迎え方はどのような方法がありますか?
 
◆ 老朽したマンションを再生するために知っておくべきポイントは?
 
◆ 管理会社との委託契約時に注意する点を知りたい。
 
◆ 高齢化で役員のなり手がないが、どのような対策が必要か?
 
◆ 組合運営で知っておくべきポイントをおしえてほしい。
 
◆ 新築の早い時期に、運営方法が適正か確認したい。
 
◆ 修繕等の業者選びで気を付けることを知りたい。
 
◆ 毎回総会で言い合いになる。どのようにすれば円滑な合意形成ができるのか?
 
などです

 

各種の解決方法は、それぞれのマンションや管理組合毎の事情で異なってきます。 まず最初に確認するのが マンションの管理規約や管理会社との管理委託契約書です。
 
マンションのルールブックである管理規約は、区分所有法に違反している条項は無効ですが、それ以外はある程度自由に決めることができます。 独特の条項を設けていたり、原始規約(分譲時に渡されたもの)には販売会社や管理会社の都合良い条項があったりするので、いらぬ紛争を招 かないよう規約を読み解く必要があります。
 
これが以外と皆さんが苦手とされるところです。また、それぞれの解釈で異なるとらえ方をされることから 後々の紛争の種になったりします。 紛争などの解決を急ぐあまり、自分の都合良いように解釈したりとるべき手順を省略したり踏み忘れた ことでより問題をこじれさせることがよくあります。

そんな時・・・オフィスM2では

まず皆さんの問題や相談内容をお尋ねし、整理します。
 
そして、内容によって必要な書類(管理規約・管理委託契約書・過去の議事録・修繕記録等)をきちんと 確認し、解決の糸口を探し出します。 解決方法は、事例によって色々な事を想定し、将来的にも有効かどうかなど検証しながらご提案します。
 
管理組合のみなさんが、必要とする情報提供と決議の手順など面倒なところも手厚くサポートし管理組合の皆さんが『主体性』をもってすすむべき方向を決定できるためのお手伝いをいたします。

いつも感じることは、「早い段階からサポートできていたら・・・」との想い

建物メンテナンスと管理組合運営は車の両輪です。
オフィスM2では、管理組合が主体性をもって、安心安全に、住民間の良好なコミュニティ形成に配慮し、 負担は最小限で、継続性を保てるようサポートの提供をいたします。
様々な諸問題を解決する必要のあるマンション管理。新築当時はそんなに問題がないのであまり重要視されていないかも知れません。 10年くらいたってから本腰入れればと思っていらっしゃる方々も多いでしょう。
でも、10年以上たって問題が起こるようになったときには、次々に起こる諸問題の増加に対処が大変になる可能性があります。 それまで問題があまりなかっただけに、思わぬ問題が発生することもしばしばです。
「早い段階からサポートできていたら・・・」
そこで、オフィスM2は、10年後、20年後、その先を見据えた計画的な、安心感を維持し続ける「マンション管理」の実現をサポートいたします。

◆ マンション管理組合の運営診断 ◆

住むために購入されたマンションですが、管理料を支払っているからと任せきりでは大事な資産管理はできません
運営診断は、お住まいのマンションの運営状態を知り、様々なトラブルを防いだり、事前に対策をとれる有効な手段です。

未来のために・・・

共有財産であるマンションの資産価値・生活価値を保ちながら安心安全に暮らし続けるためには、 日々の清掃から長期修繕計画まで、管理組合が意識をもって適切な維持・管理を行うことが必要です。
管理組合は、理事会と組合員が情報を共有しながら問題解決にとりくまなければなりませんが、 「目的」が一致できていないために運営がうまくいっていないケースが見受けられます。  
管理組合が主体的にマンションを管理していくことはもちろん、すべての組合員に適正な 管理を行う重要性や必要性を知って頂くことで、事前に準備ができたり、選択肢が増えたり、 未然に防げるトラブルがあります。選択で未来は変わってきます。

是非その選択肢のためにマンション管理組合運営診断をご活用ください。

診断内容管理規約、管理委託契約書、財務内容等の適正性診断に必要な書類管理規約、管理委託契約書、2期分の総会資料、長期修繕計画書等診断料30,000円(税別)申込方法電話又はメールにてご連絡ください。
申込にあたっての決議手順等をご説明いたします。その他診断書をご提出いたします。
※ご希望により、理事会、住民説明会に出席しご説明いたします。

運営診断後のサポートによるマンション管理の安心感のイメージは次のとおりです。
早期に不安がなくなり、その安心感を長期にわたって得て頂くことが可能となります。
次のようなサポートをご提供いたします。
合意形成に時間がかかる場合があります。必要な手順だけではなく、アンケートをとったり住民集会を開催し、居住者の意思を反映するためには時間を要します。
オフィスM2では、基礎づくりに向け、管理組合の状態に応じて数カ月から2年間をかけてサポートする 『しっかりサポートコース』といつでも相談を受けることのできる 『経費削減会員コース』を、管理組合のご希望やご予算に併せてご提案しています。
しっかりサポートコース』は、管理組合が主体となって管理運営できるシステムを構築し、しっかりした運営基盤を固めます。
経費削減会員コース』は、いつでも相談可能で、年数回の理事会・総会への出席、毎月の議事録チェックいたします。
いずれも継続性を保つことが可能ですし、大事な管理組合のお金(管理費)を無駄使いさせません。

◆ 築数年後からの場合のサポート ◆
少し時間がかかっても徐々に長期の安心感を確保!!

築数年後に、問題意識をもち相談に来られたり、解決策の見えない問題でご相談に来られるケースです。
新築の場合より時間がかかりますが、じっくりと将来を見据えて徐々にお客様の安心感が増大していくようなサポートを心がけていきます。
発生した問題にもよりますが、コミュニティがうまくいっていない場合などはことに正常化への時間がかかります。
高経年のマンションは色々な補修工事時期を迎えていますし、高齢化問題、役員の成り手不足問題をほとんどが抱えています。
規約の見直しや役員対策等にしっかり取組んで、長い将来に向かっての安定した体制やルール作りを強力にサポートすることで、 お客様の不安感を徐々に、かつ確実に安心感に変えていくことをお約束いたします。
このサポートではつぎのような安心感のイメージとなります。

 
まずはお問い合わせまたは無料出張相談をご利用ください!